世界遺産・ムル国立公園
     

2000年末に世界遺産に認定されたムル国立公園は、東京都23区がすっぽり入る、サラワク最大の国立公園です。ミリより飛行機で約30分、クチンより飛行機で約1時間の場所にあります。

数々の巨大洞窟群を擁すことで有名で、1960年以来、度重なる調査が行われており、中でもジャンボ・ジェット機が40機も収容できる程の世界最大級の'サラワク・チャンバー'等が発見されていますが、今尚、60%近くが前人未到と言われてます。(現在、延べ200km以上で、29の洞窟が調査されています)

現在、75種類の哺乳動物(24種類のコウモリを含む)、262種類の鳥類、76種類のカエル類、52種類の爬虫類(24種類のヘビ、26種類のトカゲを含む)、47種類の魚類、281種類の蝶類、458種類のアリ類、170種類のランや10種類のウツボカズラを含む1500種類以上の顕花植物が確認されており、熱帯動植物の大宝庫です。


 

4つの洞窟ツアー(4 Show Cave)(1泊2日~2泊3日)

その無限の自然の脅威の中でも、気軽に洞窟・自然体験が出来るのが4つの洞窟です。

全長108kmに及ぶ東南アジアで最も長い洞窟'クリアーウォーター・ケイブ'(世界で11番目に長い洞窟)。その名の通り、洞窟内を澄んだ水が流れ、入口付近の透き通った天然のプールで泳ぐ事も出来ます。その隣にあるのが(実際は繋がっています)、涼しい風が吹き抜ける鍾乳石の不思議な造形美を有する'ウィンド・ケイブ'。この2つの洞窟へは、ホテルよりメリナウ川をボートで移動します。途中では、先住民族のプナン族のロングハウスを訪れます。

公園事務所から、原生林のジャングルに覆われた約3kmの木道(プランク・ウォーク)のジャングル・トレッキングの後に辿り着くのが、全長2.2km、高さ122m(最高部)、幅174m(最大部)の世界最大級の通路型洞窟を有する'ディア・ケイブ'(イギリスの聖ポール大聖堂が5つすっぽり入る)。洞窟内のある地点から入口を望むと'アブラハム・リンカーンの横顔'が浮かび上がります。この'ディア・ケイブ'の最大の目玉は、夕暮れ時に数百万匹のコウモリが、餌を求めて飛び立つ姿です。空にコウモリの群れの帯が広がっていく様子は圧巻です。(悪天候の場合は、出て来ない場合もあります)その隣にあるのが、調査に同行した現地ローカル・ガイド、ラング氏が1978年に発見した'ラング・ケイブ'。鍾乳石が織り成す不思議な空間を有します。

 

ピナクルズ (2泊3日)

ムルのシンボルのピナクルズ。アピ山の標高1200m地点にそそり立つ、侵食により出来上がった石灰岩の尖った巨大な岩群。公園本部より、ボートにて約2時間ほど上流より、約8kmのジャングル・トレッキングで辿り着く、CAMP5を基点にします。大自然に囲まれたCAMP5で、熱帯雨林の交響曲を聞きながら、一夜を明かし、翌日、早朝よりピナクルを目指します。距離にして、約2.4kmのみ、しかし、高低差が1200m弱という、非常に急峻な山を登り、ピナクルズの展望台迄登ります。通常、一般の人で、片道3~4時間掛かります。巨大な岩群の絶景は、一生の内で、1回は見ておきたい自然の神秘の一つです。CAMP5にもう1泊した後は、本部に戻りますが、さらに、冒険心を追い求めたい人は、その昔、首狩り族が残した道を行く、ヘッド・ハンター・トレイルを抜けて、反対側のリンバンと言う街に出る事も出来ます

 

 

ムル山山頂 (3泊4日)

ボルネオ島・サラワク州で2番目に高い山・ムル山(2376m)の山頂を目指します。距離にして、24km。非常にタフな登山として、有名です。典型的な熱帯雨林の混交フタバガキ林の森を抜けて、徐々に、熱帯雨林の植生の標高による変化を楽しむ事が出来ます。

CAMP1で1泊、CAMP3で1泊、そして頂上へ。

頂上近辺では、珍しい固有の植物が観察できます。

 

 

アドベンチャー・ケイブ (半日~1泊2日)

ムルの洞窟群は、世界でも有数で、4 SHOW CAVE(一般観光用)以外に、照明などの設備の無い洞窟を探検する事も出来ます。一般の人でも行ける簡単なアドベンチャーケイブのラガン・ケイブやレーサー・ケイブから、難易度の高い、クリアーウォーター・ケイブとウィンド・ケイブの連結ケイブ、ジャンボジェット機40台収容できる大きさのサラワク・チャンバー等、

様々な難易度の洞窟があります。鍾乳石がうねっているドランクン・フォレスト・ケイブ等、それぞれ、他の洞窟では見れない、鍾乳石の多様なフォーメーションを見る事が出来ます。

アドベンチャー・ケイブにご参加ご希望の方は、先ずは、ご相談下さい。難易度の高い洞窟は、洞窟経験暦などが予め必要になる場合もあります。

   

キャノピー・ウォーク (約2時間)

熱帯雨林では、樹木の高さが30~40mと、いつも、林冠部を見上げるだけ。しかし、本当に、植物と昆虫・動物・鳥類のエコ・システムが活発なのは、林冠部。その林冠部に、到達する為に、科学者達は、様々な努力をしてきました。その一つが、キャノピー(林冠)・ウォーク。キャノピー・ウォークの吊橋で、熱帯雨林の上層部、最もエコ・システムの活発な場所に、人間が辿り着く事が出来ます。

ムル国立公園は、一般観光客用に、安全性の高い吊橋で、約480mと世界最長の吊橋を、森の中空に設置して、一般の人が、熱帯雨林を立体構造的に観察できる様にしました。森の空廊。何があなたを待っているでしょう。

 

ナイト・クルーズ (約2時間)

熱帯雨林の昼と夜。そして、その境目。それぞれ、見えるもの、そして、聞こえてくるものが異なります。熱帯雨林の時間帯による音の移り変わり、熱帯雨林の交響曲を感じてください。運がよければ、スロー・ロリスやジャコウネコ、ヤマネコ、等、昼間には見れない動物が見れるかもしれません。蛍も見る事が出来ます。

 

   

------------------------------------------

備考)ご宿泊は、'ロイヤル・ムル・リゾート'がお勧めです。先住民族による暖かいもてなしが、ジャングルの中にあって、快適に過ごせます。

 

 

 

   Reservation: (60) 82-248112
  ---------------------------------
   Email us: insar@tm.net.my