教育旅行/ホームステイ
     

大自然に恵まれた、サラワク州。失われつつある熱帯雨林を経験でき、複雑な多民族に培われた人々のホスピタリティ、充実した教育制度など、現在、教育旅行のデスティネーションとして、注目を浴びつつあります。

  • 多様な民族構成(約26民族)、多様な宗教、その複合社会の中で育まれる、複雑な文化。
  • 熱帯雨林の大自然。様々な国立公園や野生動物のリハビリ・センターに残された大自然。
  •  整備された、森の都クチン(サラワク州の州都)。19世紀、ここサラワクの地を統治した、ホワイト・ラジャ(白人王)ブルック家の歴史の薫る都市。
  •  公用語は、マレーシア語ですが、幅広く英語が浸透しています。
  • サラワクの産業と日本の結び付き。木材、石油・天然ガス、アブラヤシ、コショウ、そして、電子部品など。
  • そして、人々のホスピタリティ。

 

 

ホームステイ

サラワクにおけるホーム・ステイの長所は、文化・習慣・宗教の多様性と、そのホスピタリティ。

現地の人々は分かり易い英語を話しますので、語学研修にも最適です。

  1. クチン市内の中国系のホームステイ。
  2. クチン市内のイスラム教のマレー人のホームステイ。
  3. イバン族のロングハウスにてホームステイ。(伝統文化)
  4. クチン近郊の漁村にてホームステイ。

 

 

学校訪問 

現地学生との触れ合い。教育システム、授業、課外授業、校外での生活など、日本と異なる点は、生徒様のみならず、先生にとっても興味深いものです。授業参加、日本の伝統文化の披露、現地学生との意見交換会などが可能です。こちらの学校にもIT革命の波が押し寄せており、コンピューターの導入もかなり進んでいます。

 

文化

サラワク・カルチュラル・ビレッジ
サラワクを代表する7つの民族の住居を復元したテーマ・パーク。サラワク州の民族の多様性、多岐に渡る文化が体験できます。機織り(プア・クンブ)・木彫り・編物などの伝統工芸制作、狩猟に使われる吹き矢の体験、お菓子作りなどの実演を見学できます。

ロングハウス
自然と共存しながら生活している、サラワク先住民族の文化・習慣を体験出来ます。熱帯雨林の森の恵みの利用法や薬用植物、熱帯果樹などの見学から、自然の大切さを学び取る事が出来ます。

 

 

スポーツ交流

サッカー、バスケット・ボール、クリケット、バトミントン、テコンドー等を通じて現地の学生たちとの交流

 

 

 

産業

  1. 合板工場・製材工場・チップ工場
  2. アブラヤシのプランテーション・工場
  3. コショウ園・コショウ加工工場
  4. 電子部品工場
  5. 石油・天然ガスのプラント

 

   

自然

  1. セメンゴ野生動物リハビリ・センター
  2. バコ国立公園
  3. グヌン・ガディン国立公園
  4. クバ国立公園
  5. ランビル・ヒルズ国立公園
  6. ムル国立公園
   
   Reservation: (60) 82-248112
  ---------------------------------
   Email us: insar@tm.net.my