教育旅行

大自然に恵まれた、サラワク州。失われつつある熱帯雨林を経験でき、多様な宗教と多民族野中で培われた人々のホスピタリティ、充実した教育制度など、現在、教育旅行のデスティネーションとして、注目を浴びつつあります。

  • 多様な民族構成(約26民族)、多様な宗教、その複合社会の中で育まれる、複雑な文化。
  • 熱帯雨林の大自然。様々な国立公園や野生動物のリハビリ・センターに残された大自然。
  • 整備された、森の都クチン(サラワク州の州都)。19世紀、ここサラワクの地を統治した、ホワイト・ラジャ(白人王)ブルック家の歴史の薫る都市。
  •  公用語は、マレーシア語ですが、幅広く英語が浸透しています。
  • サラワクの産業と日本の結び付き。木材、石油・天然ガス、アブラヤシ、コショウ、そして、電子部品など。
  • マレーシアでも上位を占めるGDPを誇るサラワク州。安定した政情と治安の良さ。
  そして、人々のホスピタリティ。

学校訪問

現地学生との触れ合い。教育システム、授業、課外授業、校外での生活など、日本と異なる点は、生徒様のみならず、先生にとっても興味深いものです。授業参加、日本の伝統文化の披露、現地学生との意見交換会などが可能です。

日本の中学校・高等学校にあたる、セカンダリー・スクールや、小学校や幼稚園、また、高等教育のマレーシアサラワク大学(UNIMAS)、海外の大学の分校(Swinburne大学やCurtin大学など)など。

備考)

**幼稚園/小学校/セカンダリースクールの学校の休み、中国正月/ハリラヤ前後は、訪問受け付けてくれませんので、ご了承下さい(2019年度-3/23-3/31,5/25-6/9,8/10-8/18,11/23-12/1、及び、その開始日前の10日間<試験の為>)

*大学は、休暇中、中国正月/ハリラヤ前後は、訪問は可能ですが、学生はキャンパスにほとんどいませんので、交流会などは出来ませんが、学生課職員による、キャンパス見学や学部の教授による講演やセミナーは可能です。(2019年度-3/23-3/31,6/1-9/1、及び、その開始日前の3週間<試験の為>)

 

ホームステイ

サラワクにおけるホーム・ステイの長所は、文化・習慣・宗教の多様性と、そのホスピタリティ。

現地の人々は分かり易い英語を話しますので、語学研修にも最適です。

1. クチン市内の中国系のホームステイ。

2. クチン市内のイスラム教のマレー人のホームステイ。

3. イバン族のロングハウスにてホームステイ。(伝統文化)

4.クチン近郊の漁村にてホームステイ。

 

伝統文化

サラワク・カルチュラル・ビレッジ
サラワクを代表する7つの民族の住居を復元したテーマ・パーク。サラワク州の民族の多様性、多岐に渡る文化が体験できます。機織り(プア・クンブ)・木彫り・編物などの伝統工芸制作、狩猟に使われる吹き矢の体験、お菓子作りなどの実演を見学できます。

ロングハウス
自然と共存しながら生活している、サラワク先住民族の文化・習慣を体験出来ます。熱帯雨林の森の恵みの利用法や薬用植物、熱帯果樹などの見学から、自然の大切さを学び取る事が出来ます

スポーツ交流

サッカー、バスケット・ボール、クリケット、バトミントン、テコンドー、柔道、ソフトボール等を通じて現地の学生たちとの交流

 

 

 

 

 

産業

1.  アブラヤシ(パーム油)のプランテーション・搾油工場

2.  電子部品工場

3.  コショウ園・コショウ加工工場

4.  合板工場・製材工場・チップ工場

5. 石油・天然ガスのプラント

熱帯雨林の大自然と保全活動

1. セメンゴ野生動物リハビリ・センター (保護ざれたオランウータン)

2. バコ国立公園 (マングローブやテングザル)

3. グヌン・ガディン国立公園 (世界最大の花ラフレシア)

4. クバ国立公園 (典型的な熱帯雨林や、希少なカエル等の珍しい動植物)

5. ランビル・ヒルズ国立公園 (京都大学などの熱帯雨林研究のメッカ)

6. グヌン・ムル国立公園 (世界遺産-大洞窟) 

7.保全教育の為の、熱帯雨林再生のための、現地先住民族との植林活動

 

 

お問い合わせやご予約は、info@insar.com まで、ご遠慮なく何なりとお申し出下さい。