ビダユ族のロングハウス終日(所要時間:約3時間)

ビダユ族は、別名'陸ダヤク'と呼ばれ、クチン南西部の山麓に生活し、サラワク総人口の約8.7%を占めます。

クチンから主要道路を東へ約40km、さらに国境に向かって起伏の激しい道を約33km、時間にして約2時間の場所にある村'アナ・ライス'。途中の田園風景には、主食のお米(陸稲)を作る焼畑、換金作物のコショウやカカオの畑、フルーツの王様のドリアンやマンゴなどの果樹があります。

ここでは、約100家族が、ロングハウスに共同で暮らし、油化したでは家畜が飼われ、屋外のベランダでは、穀物やコショウが干され、ロングハウスの傍を流れる川では、洗濯や水浴び、といった昔ながらの伝統的な生活を垣間見る事が出来ます。

 

 

イバン族のロングハウス(所要時間:1泊2日、又は、終日)

クチンより車で約4時間、ボートに乗り換えて、熱帯のジャングルに覆われたラマナ川(もしくは、スクラン川)の上流へ約1時間。かつて、首狩り族として、その名を世に知らしめ、恐れられたイバン族(サラワク総人口約30%)の伝統的な生活を実体験できます。陸稲の焼畑や山菜取り、川での漁や狩猟といった昔ながらの自給自足の生活を続けて暮らしており、熱帯の森と共存し、森の恵みを上手く利用してきました。彼らの住居は、昔から代々受け継がれてきた高床式長屋のロングハウスです。床下では家畜が飼われ、ベランダでは穀物や洗濯物が干され、通廊では、男は木彫り、女は織物を、川では洗濯、水浴び、その傍を子供達が生き生きと泳いでいます。

イバン族風の夕食の後は、村人と共に、地酒'トゥア'(お米のワイン)で杯を酌み交わし、伝統衣装を纏った村人による伝統舞踊で訪問者を歓迎します。さらには、村の人々による手作りの工芸品の数々の即売会が開かれます。

又、元来の狩猟方法でもある'吹き矢'のデモンストレーションや、彼らの娯楽の一つの闘鶏を披露します。

(日帰りのツアーも、歓迎のセレモニー・吹き矢・闘鶏は含まれます)

備考)ロングハウスの宿泊施設は、簡単なゲストハウス(簡易シャワー/トイレ、蚊帳付マット、枕、ブランケット)がロングハウスの傍にあります。ご要望があれば、ロングハウス内の村人のお部屋にて宿泊する事も可能です。

 

ヒルトン・バタン・アイ・ロングハウス・リゾート

クチンから車で約5時間のインドネシアとの国境近くのバタン・アイは、サラワク先住民の雄イバン族の故郷であり、オラン・ウータンの安住の地でもあります。その地に水力発電用のダム湖が1985年に創業され、その湖畔にヒルトン・バタン・アイ・ロングハウス・リゾートが1995年にオープンしました。

当ホテルの建築様式は、イバン族の風習に従って、ロングハウスをモチーフにしていますが、5つ星ならではの内装となっており、喧騒から離れて、熱帯雨林の大自然を満喫できます。

行動派の方には、イバン族のロングハウス・ツアー(半日/終日/1泊2日)や、原生林が広大に残るバタン・アイ国立公園(終日)などのジャングル探検も出来ます。

ホテル内での様々なアクティビティも充実しており、ホテル裏ジャングルでの常駐ナチュラリストによるネイチャー・ウォーク、淡水魚(テラピア)のフィッシング、マウンテン・バイク、カヌー、サンセット・クルーズ等があります。

 

   Reservation: (60) 82-248112
  ---------------------------------
   Email us: insar@tm.net.my