コンベンション

  トラベル情報
 

関連リンク集


クチン(Kuching)近郊の自然
 
 

バコ国立公園(所要時間:約7時間、1泊2日以上)

クチンから約37kmの所にある、サラワク州で一番古い国立公園です(1957)。マングローブ林を始め、湿潤な泥炭湿地林、混交フタバガキ林、低木しか育たない乾燥した林まで、熱帯雨林の多様性を観察できます。そこには、50m級のフタバガキ科の樹木から、豊富な種類の食虫植物ウツボカズラ、アリと共生するアリ植物など、複雑な自然のシステムを堪能できます。

そのシステムを育むのに重要なのが、様々な動物たちです。ボルネオ島だけに生息する鼻の大きなテングザルシルバー・リーフ・モンキー、カニクイザルといったサル類、全長2mにもなるオオトカゲ、謎の夜行性滑空動物ヒヨケザル、ヒゲイノシシ、様々な種類のコウモリ、色鮮やかなカワセミを代表とする豊富な種類の鳥類(約150種類)や不思議な昆虫たちが生息します。

全部で16のトレッキング・コースがあり、往復1時間のお手軽コースから、7時間かかる熟練者コースまであり、体力、時間、興味に応じて楽しむ事が出来ます。コースの幾つかは、砂浜が広がる場所があり、自由に遊泳も出来ます。

宿泊施設も整っており、夜行性の動物の観察もする事が出来ます。簡単な食堂や売店もあり、長期滞在も可能です。

備考)バコ国立公園へは、車で乗り入れができず、半島の岬へ廻り込まなければならない為、約30分ボートに乗らなければなりません。尚、11~2月の北東モンスーン期の雨期は海が荒れ、ボートが出なく催行できない場合もあります。

 

 

 

     

グヌンガディン国立公園(所要時間:約6時間)

世界最大の花ラフレシア

 クチンより車にて約2時間の場所にある、ルンドゥという街にある標高906mのガディン山の麓は、世界最大の花のラフレシアが自生します。直径約80cmの巨大な花は葉も茎もなく、花だけで存在し、ツル植物に寄生する植物です。発芽してから開花まで約9ヶ月。その為、蕾は、常時観察する事ができますが、花は、4~5日で腐ってしまう為、開花したラフレシアを見る事の出来る方は、幸運であるとしか言えません。尚、国立公園では生態調査を行っていますので、前もって開花状況を得る事は出来ます。

園内のオフィスのすぐ傍に、ちょっとした天然のプールがあり遊泳可能です

 

 

 

クバ国立公園(所要時間:約5時間)

 クチンより約20kmの所にある、クチンから手軽に行ける国立公園です。熱帯雨林特有の、混交フタバガキ林に覆われた森林ですが、その単純な濃緑の景色に色彩を加えるのが豊富な種類のヤシやランです。又、ゼンチョウ50cm程の小さなマメジカ、ヒゲイノシシ、ヒヨケザル、サイチョウが生息し、爬虫類や蝶類も種類が豊富です。

夕暮れ時の熱帯の自然の協奏曲は、世界で最も美しい音にも選ばれました。

夜は、カエル池に集まる、カエル観察ツアーでも有名で、世界で2番目に小さなカエルのヒメアマガエルや、ウォーレストビガエルなどを観察できます。また、そのカエル池の周りでは、ジャコウネコやスローロリスなどがいる事もあります。

 

世界で2番目に小さいカエル-ヒメアマガエル

 

 



 


 

セメンゴ野生動物センター(所要時間:約4時間)

クチンより約32kmのセメンゴ野生動物リハビリ・センターは、サラワク州で最も古い森林保護地区の一画にあり、'森の人'オラン・ウータンを代表にサラワクの様々な希少動物を保護し、野生に帰す為のリハビリ・訓練を行っています。

1日2回の餌付けの時間には(09:00~、15:00~)、半野生のオラン・ウータンが餌場に来る事もあります。樹幹でオラン・ウータンが移動する様子を観察できます。

その他、イリエワニ等、ボルネオ島特有の希少動物が保護されています。

センターまでは、鬱蒼と生い茂る熱帯雨林に覆われており、様々な植物が自生します。食虫植物ウツボカズラ、熱帯雨林の逞しさを象徴する絞め殺しイチジク等、珍しい植物にも触れることが出来ます。

 

 


マタン野生動物センター(所要時間:約4時間)

クチンより約35kmの所にある、野生動物の保護センターです。ここでは、怪我をして保護された希少動物の中でも、森に帰す事が困難な動物たちを出来るだけ自然に近い状態で保護する事を目的とする施設です。

熱帯雨林のジャングルの中で、十分なスペースに保護された、オラン・ウータン、サイチョウ、ワニ、マレーグマ、シカ等がご覧になれます。

ボランティア活動で、Heart 2 Heart program に参加が可能です。保護されているオランウータンの世話を体験できます。

 

 

     
   

マングローブ・クルーズ(所要時間:約3時間)  

空から眺めたクチンは、延々と続く鬱蒼と生い茂るジャングル。その海岸線に広大なマングローブの森林をボートでクルーズします。熱帯の自然の力や脅威を体感でき、冒険気分満載です。満潮時には、水に浸かって力強く生きるマングローブの樹木やニッパヤシ。その中で育まれる動物や昆虫たち。色彩豊かなカワセミや、はさみが片方だけ大きいカニのシオマネキ、巨大ムツゴロウ(トビハゼ)等、不思議な熱帯の小動物徒出会えるかもしれません。

もしかすると、巨大なワニに遭遇するかも・・・・・・。

途中、このマングローブの樹木を利用して、代々受け継がれてきた炭焼き小屋と、マレー人の漁師の水上生活の村を訪れます。長い歴史の中で、マングローブのジャングルの中で生きてきた人々の姿、その森の伝統的な利用法などを見学できます。

 

  サンセット・サファリ・クルーズ(夕方/所要時間:約3時間)

こちらは、夕方のサンセットに合わせてのジャングル・クルーズ。入り江にいるイラワジイルカや、川沿いのマングローブにいる、テングザルシルバーリーフモンキー等を見学し、南シナ海に落ちる夕陽を見た後は、マングローブに集まるの鑑賞。

 

 












 

フェアリー・ケイブ&ウィンド・ケイブ(所要時間:約4時間)

  サラワクの至る所に点在する洞窟群、巨大洞窟から小洞窟まで様々ありますが、クチン周辺では、かつて金鉱の町として栄えた'バウ'(クチンより車で約1時間30分)の近くに2つの洞窟があります。

'フェアリー・ケイブ'は、200段以上の階段の上に入口があり、中心が大きなドーム状になっており、階段に沿って一回り出来ます。その中では、葉が1枚だけの植物のワン・リーフ・プラント等珍しい植物が自生します。

'ウィンド・ケイブ'の入口は、川の傍にあり、自然散策には最適の環境です。沢山のコウモリや、ツバメの巣などを近くで見る事が出来ます。

**フェアリーケイブでは、照明の一切無いアドベンチャーケイブも可能です。また、石灰岩のロッククライミングも可能です(要相談)。フェアリーケイブのアドベンチャーケイブの映像はこちら。

 

 


 

ジョン・クロコダイル・ファーム(所要時間:約3時間)

クチンより車で約40分の場所にあり、クチンの中心を流れるサラワク川流域に生息するワニを1000匹以上集めたミニ動物園です。ワニは、年齢毎に区分けされており、子供のかわいいワニから、成長した巨大なワニまで、存分に堪能できます。

その他、サラワク州の象徴の鳥サイチョウや、色鮮やかなクジャク、夜行性動物のジャコウネコやヤマネコ、ブタオザル、テナガザル、巨大ニシキヘビ、オオコウモリ等、ボルネオ島の魅力溢れる動物たちが飼育されています。

 

   

サタン島/シュノーケリング(所要時間:約4時間)

ダマイ・ビーチにあるサントボン山の麓から、ボートで約30分の場所に位置する、南シナ海上の美しい砂浜に囲まれた伝説の無人島・サタン島。ウミガメの産卵地としても有名です。毎年5月から10月にかけて、何千頭ものウミガメが産卵しにやってくる為、ウミガメの保護地域として制定されています。

この島の周りには、珊瑚の広がる澄んだ海水で、シュノーケリングに最適の場所です。神秘的な美しい珊瑚や、熱帯の色彩豊かな魚たちと戯れることが出来ます。

備考)11月~2月の雨期は、海が荒れ、ボートが出港出来ない為、催行できません。

詳細や料金に関しましては、こちらより お問合せ

 

 
  メールでのお問合せ :  info@insar.com 又は、 sales@insar.com まで。
  ---------------------------------
 お電話でのお問合せ : マレーシア (60) 82-248112